ピアノ買取質問箱 各種疑問編

売られたピアノは、その後どうなるの?

様々な事情で、売ることになったとしても
長年使ってきたものには、愛着がわいています。
特にピアノは、家電や家具のような道具よりも
思い出と結びついている率が高いはずです。
売った後どうなるのか、ちょっと気になります。


通常は、専門家の手によって
完全にメンテナンスされます。
傷の補修、
故障部品の交換、
調律をし、
外装の汚れや、カビもおとします

ピカピカのリサイクルピアノに生まれ変わるわけです。


ただ、日本では、
中古のピアノ、リサイクルピアノは、
それほど目にしません。
需要があるのが海外で、
ほとんど輸出され販売されてからです。


アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、
中国、台湾、シンガポール、マレーシア、

その範囲は、欧米から、アジアまで世界各地に広がっています。
(その中でも中国が多いようです。)


業者の中には、ピアノの行き先を教えてくれるところもあります。
知らない国の知らない家で、
子供が自分の使っていたピアノを奏でている。
まだ、腕前はたどたどしいけど、
まわりで、家族が微笑みながらそれを聞いている。
時折、ピアノのその後の想像をふくらましてみるのも
楽しいかも知れません。


物の価値は
お金の問題だけじゃありません。
事情があるとはゆえ、
まだ使える物を捨ててしまうのは、
ただの無機物とはゆえ、なぜか心が痛みます。
こうやって第二の人生を与えてあげられるなら、
ピアノのためにもなる気がします。




前の記事
ピアノの寿命はどのくらい?
次の記事
買い換える時の有力候補 電子ピアノって?



>>ピアノを1円でも高く売るために、まず初めにしておくこととは? 詳しくはコチラ
QLOOKアクセス解析