ピアノの引越しあれこれ

ピアノの荷造りは、どうやるの?

通常ピアノを運搬する際、
ピアノの荷造りは、自分ではしません。
業者さんにお任せすることになります。


ただ中には、何らかの理由で
自分で荷造りをしなければならない方もいるでしょう。
自己責任ですが、自分で運ぶという強者がいるかもしれません。
ピアノの荷造りのポイントをかいておきます。



●ピアノ全体


大きな物は、運搬する際、
細心の注意を払っていても
どこかにぶつけたりします。
ピアノの表面は傷つきやすいもの
全体を覆えるカバーを用意して、
おおっておく必要があります。


●ピアノの蓋、鍵盤の蓋


蓋、鍵盤の蓋がちゃんと固定されてないと
運んでいる最中に手がはさまったりして、とても危険です。
壊れる原因にもなります。
テープなどでしっかりとめておいて、
パカパカしないようにしておいて下さい。


●ピアノのペダル


ペダルは、見落としがちですが、
運搬中ぶつけてしまうことがあります。
養生テープ巻きつけておくなどして、
保護しておくのがいいでしょう。



荷造りだけでも一苦労ですね。
やはり、知識のある専門の業者さんに任せてしまうのが、
楽だし、なにより安心です。




前の記事
ピアノの引越し、運搬料金の相場は?
次の記事
ピアノの引越し、運搬の流れは?




>>ピアノを1円でも高く売るために、まず初めにしておくこととは? 詳しくはコチラ
QLOOKアクセス解析