ピアノを査定してもらう前に

ピアノを査定してもらう前に 直前のお手入れ

どうせなら、少しでも高く買い取ってもらいたいものです。
業者さんに好印象をもってもらえるように、
最後のお手入れ、掃除をしてあげましょう。



●ピアノの鍵盤


ピアノの鍵盤は、もっとも汚れやすい部分です。
指の汗、皮脂などがついています。
鍵盤用の布や柔らかい布で、指紋など拭き取ってあげましょう。
汚れがきついところは、専用のクリーナーをつけてあげます。
なければ、水や石鹸水をつけてもいいです。
その場合は、固く絞って、後から乾いた布で拭いてあげます。


鍵盤と塗装面の拭く布は、
汚れ度合いが違うので、分けましょう。
また、市販の洗剤、ベンジン、などを使うのは、
ひび割れの原因になることがある
のでやめておきましょう。


●ピアノの塗装面


まず、楽器用のハンディモップ、羽毛でほこりを払ってやり、
その後、やわらかい布で拭いてあげましょう。
鏡面艶出し塗装のピアノはユニコンで拭いてあげて
光沢出します。
拭くときの力は、加減してください。
力が強いと砂ぼこりなどがついていた際、
小さな傷がついてしまいます。
普通の雑巾や、洗剤をつかうのも避けましょう。


●ピアノの付属品


ピアノの付属品があると買取金額が高くなる場合があります。
お手入れということでは、ありませんが、
どこかにしまいこんでいるなら、探し出しておきましょう。
ピアノの上にかけるトップカバー、鍵盤の上に載せる布などのことです。



普段から、こうゆうお手入れが出来ているのが望ましいですが、
なかなか面倒くさいものです。
ピアノを買ったばかりは、
しょっちゅう掃除していたのに、
いつの間にか放ったらかしなっちゃている人も多いはず。


でも、もう最後です。
立つ鳥跡を濁さずとは、ちょっと違いますが、
今までのお礼もこめて、
キレイにしてあげましょう。




前の記事
ピアノを査定してもらう前に チェックポイント
次の記事
ピアノを査定してもらう前に 普段のお手入れ



>>ピアノを1円でも高く売るために、まず初めにしておくこととは? 詳しくはコチラ
QLOOKアクセス解析