ピアノを査定してもらう前に

ピアノを査定してもらう前に 普段のお手入れ

ピアノを高く売るためだけではありませんが、
長く使うためにも普段のお手入れが肝心です。



●時々、換気してあげる


ピアノは、空気がこもりがちで
ちゃんと換気をしていないと虫が発生して、
内部の木が食べられてしまうことがあります。
時々、天板、鍵盤の蓋を開けて、
風を通してあげましょう。


●温度、湿度を気にしてあげる


ピアノに最適な温度、湿度は決まっています。
温度は15度から25度、
湿度は50パーセントから70パーセント
くらいです。
部屋の中に温度計、湿度計をおいてみるのもいいかも知れません。
神経質になりすぎることは、ありませんが、
雨の日に窓をしめて湿度が上がらないようにするぐらいは、
してあげましょう。
空調、暖房などの直風も苦手なので、
当たらないのがベストです。


●使わない鍵盤の音も出してあげる


ピアノを弾くとき、使う音域には、かたよりがあります。
そのため、よく使う鍵盤とまったく使わない鍵盤が出てきてしまいます。
ピアノにとって一番いいのは、88鍵まんべんなく使うことなので、
時々使わない鍵盤の音も出してあげましょう。


当然、音を出さずに長い間ピアノを放っておくのは、
よくありません。
もう弾く人がいなくても
メンテナンスのために、時々音だけは出してあげましょう。


●ピアノの掃除をしてあげる

あとは、ピアノのお掃除です。
直前のお手入れのページに、詳しくかいています。
黒いピアノなどほこりが目立ちます。
ピアノの側面も鍵盤も時々拭いてキレイにしてあげましょう。



やはり、大切に使ったものは、
状態もよく高く売れます。
まだ、売るつもりはなくても
価値を下げないために、普段からお手入れしてあげましょう。




前の記事
ピアノを査定してもらう前に 直前のお手入れ



>>ピアノを1円でも高く売るために、まず初めにしておくこととは? 詳しくはコチラ
QLOOKアクセス解析