ピアノが不要になった場合の3つの方法

2 誰かにあげる (ピアノの運搬)

もらえるなら、ピアノが欲しいと思う方は結構いるはずです。
とくに小さなお子さんがいらっしゃる家庭なら願ってもないチャンスでしょう。


ただ、1つ問題があります。
ちょっとした家具や家電なら、
車で運べますが、ピアノはそうはいきません。
アップライトピアノで250キログラムぐらいもあります。


専門の業者さんに運搬を頼むことになります。
近距離なら、3万円前後。
遠距離だと、10万円近く
かかったりします。
これに、調律料金も必要でしょう。
そこそこな金額がいることになります。


(ピアノの運搬については、
引越しの方でもかいているので見てみてください。
ピアノの引越し、運搬料金の相場は?


「お金がかかるなら、いらなかったのに...」
「なんで、あげる側がお金を出すんだー!」なんて
もめてもつまりません。
運搬料金をどうするか、
事前にしっかり、話しをつけておかなければいけません。


誰かにあげるといっても、
簡単にはいかないのがピアノです。




前の記事
1 処分する (ピアノの廃棄)
次の記事
3 買い取ってもらう(ピアノの買取)



>>ピアノを1円でも高く売るために、まず初めにしておくこととは? 詳しくはコチラ
QLOOKアクセス解析